バイアグラ・ウェファー

バイアグラ以外

バイアグラを飲んでから聞き始め鵜までの1,2時間の待ち時間を短縮するために、ファイザー社が開発したオブラート状のバイアグラです。

 

有効成分を消化管から吸収させる代わりに、クスリを口の中で溶かし、口から直接血液中に吸収させて、早く効くようにするというアイデアです。

 

臨床試験が開始される予定ですので製品化にはいましばらく時間がかかるようです。

 

トピグラン

 

自己注射法に用いられるプロスタグランジンを成分とするゲル状の勃起治療薬です。
プロスタグランジンが認可されるまで、FDA が勃起不全の治療薬として認可した唯一の薬でもあります。
現在は臨床試験で有効性が評価されている段階で、製造元であるマクトケム社の話では70パーセント以上の有効性を示しているそうです。

 

スポンテイン

 

アポモルヒネの商品名です。アポモルヒネは中枢神経作用薬で、脳の勃起の関与する部位に作用しますが、どのように作用するかは解明されていません。
これまでのところ、主に継承のインポテンスに効果が表れており、ある研究では70パーセントの男性で改善がみられました。男性について臨床試験をほぼ完了していて、女性を対象とする試験が計画されました。
スポンテインは、ペニスが刺激されているときのみ効果があります。また、嘔吐を引き起こす副作用も確認されています。

 

プロスタグランジル・クリーム

 

プロスタグランジンを有効成分とするクリームを生殖器に塗り付けて、注射と同様の効果を得ようとするものです。男性を対象とする臨床試験が実施されており、女性を対象とする試験も計画中です。