陰茎プロステーシス

陰茎プロステーシス

勃起不全の治療法のうち最も過激な方法は、陰茎プロステーシスをペニスに挿入する手術です。

 

この治療法は高額です。プロステーシスが高いもので、15000ドルするほかに、入院の費用や手術代金もかかります。だが大半の医療保険でカバーされているのです。

 

陰茎プロステーシスはペニスを膣に挿入できる硬さにします。プロステーシスの挿入手術を受けた人は、いつでも好きな時にペニスを勃起状態にすることができます。
プロステーシスは排尿やオーガスムや射精に影響せず、通常は皮膚の感覚が鈍くなることもありません。しかし、勃起時のペニスの長さが正常な勃起時より短い場合があります。

 

陰茎プロすてーしるは勃起不全の治療法として認知されています。アメリカでは年間に3万人ほどが手術を受けています。

 

この方法は、一対の海綿体にそれぞれシリコンゴムを挿入することで、勃起状態を作ります。

 

プロステーシスの種類は、大きく分けて、ノン・インフレータブルとインフレータブルの2種類です。

 

ノン・インフレータブルのプルステーシスは、中心の鋼線を埋め込んだ一致のシリコンゴムで、これを左右の海綿体にそれぞれ挿入します。患者は必要に応じて、ペニスを屈曲することができるようになります。メカニズムが比較的単純で、手術が不成功に終わるリスクも比較的少なく、アメリカ泌尿器学会の臨床指数では20分の1とされています。

 

二つ目のインフレータブル・プロすてーしるはより複雑で、ワンピース型、ツーピース型、スリーピース型に分けられます。

 

スリーピース型の場合、日本のシリンダーを左右の海綿体に、液体貯留装置を下腹部に、ポンプを陰茎にそれぞれ埋め込みます。ポンプを押すと液体が貯蔵装置から出てシリンダーに入り、ペニスが硬くなります。ポンプの基部についているバルブを押すと、シリンダーの液体が抜けて貯蔵装置に戻ります。

 

このスリーピース型の装置は勃起状態と弛緩状態が最も自然ですが、最も効果で種々流布性交のリスクも10分の1と高めです。不成功の場合は再手術が必要です。。

 

陰茎プロステーシル挿入手術を受けた多くの人は満足しています。調査によれば、満足している人の割合は83パーセントにもなるそうです。